男の人

最新のセレック技術で作業効率よくしよう|進歩した技術を利用しよう

材料検査の種類

男女

引っ張ることで強度を確認

引張試験では主に弾性限度や降伏点、伸びや絞りなどを調べます。現代の一般的な生活の中でも、金属はいろいろな場面で活用されています。それゆえに金属の強度不足があれば、大きな事故を招くことになりかねません。そういう意味で引張試験はとても重要な試験だと言えます。そんな引張試験を行うには、多目的の万能試験機や専用の引張試験機を用いることが一般的で、こういったことを専門的に行うメーカーもありますので、それらを利用するのが良さそうです。メーカーによってさまざまな引張試験機を所有しており、価格や納期なども各社において独自性があるため、興味がある場合は一度問い合わせてみると良いでしょう。

いろいろな場所で大活躍

現代社会において、引張試験は力を測定する試験であるために、直結的に生活にかかわっています。たとえば身近なものとしては、自動車のシートベルトやチャイルドシート。衣服や装飾品のボタンやファスナー、バッグの持ち手などには引張試験がよく行われています。これらの品々が試験を行わずに売り出され、それを購入してしまったら、強度不足で破損する可能性があります。さらに物によっては事故を引き起こす場合もあるので、大変危険です。そしてあまり見かけないながらも、色々な部分の部品として使われているワイヤーの圧着端子やスポット溶接の接合、ゴムなどにも利用されているようです。このように商品の安全性を証明する上で、引張試験を行う専門メーカーは、さまざまな業者に必要とされているのです。

最先端の医療技術

引張試験による技術以外にも、現代では様々な技術が進歩しています。その中でもセレックの技術が注目を集めています。セレックは歯科で利用される詰め物を設計して製造するシステムであり、ドイツで開発されました。現在では、セレックを扱う業者も沢山あるため、利用する際には業者に依頼して製造してもらうとよいでしょう。

価格について

資材

試験片とは、製品の製造に使用する材料の強度を調べるための小片のことです。試験材には様々な種類があり、材質によっても、価格が異なるため利用する際には、きちんと価格を調べておくとよいでしょう。

詳細

利用する時は注意が必要

作業員の男性

材料の性質や強度を調べるために用いられるものが試験片です。これを使って調べることにより、安全に材料を使用することができます。しかし、利用する時には注意が必要となるため、注意点について把握しておくようにしましょう。

詳細